IMG_20190831_182644

昨日はオリックス若手チーム対侍ジャパンの練習試合がありましたね。

結果は1-3と惜敗。来シーズンが楽しみになる結果でした。

【出場メンバー】

(一) 佐野 皓大(2014ドラフト3位 大分高)
(左) 西浦 颯大(2017ドラフト6位 明徳義塾高)
(二) 太田 椋(2018ドラフト1位 天理高)
(中) 中川 圭太(2018ドラフト7位 東洋大)
(三) 宗 佑磨(2014ドラフト2位 横浜隼人高)
(捕) 頓宮 裕真(2018ドラフト2位 亜細亜大)
(右) 根本 薫(2016ドラフト9位 霞ヶ浦高)
(指) 廣澤 伸哉(2017ドラフト7位 大分商高)
(遊) 宜保 翔 (2018ドラフト5位 未来沖縄高)

(1回-4回)  本田 仁海(2017ドラフト4位 星槎国際湘南高)
(5回)鈴木 優(2014ドラフト9位 雪谷高)
(6回)漆原 大晟(2018育成ドラフト1位 新潟医療福祉大)
(6回)神戸 文也(2016育成ドラフト3位 立正大)
(7回)田嶋 大樹(2017ドラフト1位 JR東日本)

スタメン野手は2018年ドラフトの大卒野手二人(中川・頓宮)に高卒選手で構成されています。打順を見ても分かる通り2018ドラフトで指名した野手はやはり会心の指名だったように感じます。

【主な活躍】

・中川選手が3打数2安打(大野投手、山岡投手からツーベース!)
・宜保選手が2打数2安打(今永投手、山岡投手からヒット!)
・頓宮選手が2打数1安打1打点!(今永投手からツーベース!山岡投手から犠飛!)

・田嶋投手が1イニングを投げて被安打0の2奪三振!!

4番に座った中川選手が2本の長打で実力通りの成績を見せました。大野投手からの唯一の安打というのもポイント高いですね。来季はフル出場&3割に期待!

そして宜保選手が2安打の活躍。ドラフト時から身体能力の高さはピカ1であると評判でしたが、プロへの対応の速さが素晴らしい。誰からでもヒットが打てるような技術がすでにあるように思えます。あとは安定した成績を残すことができれば正遊撃手の後継者筆頭になるかも!?

頓宮選手が怪我から復帰後は強打の捕手としてアピールができているように見えます。
2019ドラフトでは大方の予想としては次代の捕手か、即戦力として大卒捕手3人(佐藤、海野、郡司)から誰かを指名するのではというところでしたが、結果的に捕手は育成5位指名の鶴見くんのみでした。(鶴見くんは力をつけてソフトバンクの甲斐選手のように育成から這い上がってきてほしい)
おそらくチームとしては捕手としての守備能力がずば抜けている若月選手に加え、強打の捕手として頓宮選手が十分に戦力になり得るとの判断なのだと思います。


投手も野手も若くて素質もあり、バランスがとれてきていますね。

戦力外かと思われていた岡崎選手も育成契約になる見通しで、内野の競争は苛烈を極めます。
選手たちが切磋琢磨し、全員が活躍してくれることを期待します。また、2019ドラフトの指名選手達が割って入ってくるとさらに面白い。

早くも来シーズンが待ち遠しい!!